パソコンをフル活用する社員研修!eラーニングだけではない活用方法

eラーニングを活用する社員研修

社員研修の方法としてeラーニングを活用する傾向が強まってきています。社員にシステムにアクセスしてもらって独習してもらうのがeラーニングの特徴であり、新入社員の研修に特によく用いられている方法です。入社時期によらずにいつでもシステムにアクセスすれば受講できるように手配できるので新卒と中途採用の人に同じように研修を受けてもらえる点でも優れています。パソコンと社員のアカウント、運用するサーバーさえあれば受講できるので社内システムを運用しているときには特に積極的に導入する傾向があるのがeラーニングです。

ウェブの活用で広がるパソコンを使った社員研修

パソコンを活用して社員研修を行うという方法に着目するとeラーニングにこだわる必要はありません。一般的な社員研修はセミナー室などに全員を集めなければならないものの、パソコン上で実施できるようにすれば場所を問わずに実施することができます。講演を手配して社員研修を行うという場合にもウェブ上でビデオ配信を行うことにより受講させることが可能です。録画したビデオで行うだけでなく、ウェブ会議システムを利用すればリアルタイムでの視聴を行えるようにすることもできます。この方法を選ぶと講師を会場に招かなくても良いことから、忙しい要人を講師として呼びたいというときに引き受けてもらえる可能性を高めることが可能です。リアルタイムで視聴できるようにすれば質疑応答も行えるので効果の高い講演による社員研修を実現できるでしょう。

社員研修には、新人研修をはじめとしてベテランの社員を対象とするものや職種別の研修など、様々な種類のものがあります。