電子カルテのメリット・デメリットと導入までの流れ

電子カルテのメリット・デメリットとは?

医療の世界で近年、電子カルテの導入が進んでいます。では電子カルテを導入すると、どういうメリットがあるのでしょうか。まず第一に、手書きの場合に起こりがちな記入ミスが減るため、医療事故の削減につながります。そして、カルテのデータは病院の全ての部門でいつでも見たい時に閲覧が可能なので、カルテを各部門でやりとりする時間が削減できます。また、カルテを保管するスペースも大幅に削減することができます。しかし、その反面、電子カルテの導入のデメリットとして考えられる点もいくつかあります。まず、システムダウンやハッカーによる攻撃などが起こると、カルテを見ることが一時的に不可能になるリスクがあります。また、導入してから電子カルテに慣れるまでに多少時間がかかることもデメリットとなります。

電子カルテ導入までの流れ

電子カルテの導入方法については、まずメーカーから提案を受けた後、実際に使う機内を使ってデモが行われます。その後、予算に合わせて見積書が作られることになります。そして、導入が決まれば各種医療機器を電子カルテに接続し、インターネット回線とも接続します。その後、電子カルテの各種機器の設置作業が終われば、導入作業も完了します。また、最近では、支払い方法に電子マネーを取り入れた病院も現れています。電子マネーとは、流通系や鉄道系の企業が発行するもので、スマートフォンやカードなどからタッチするだけで支払いが可能となるものです。電子カルテの導入と合わせて電子マネー支払いのシステムも導入すれば、患者の方々への支払いの利便性の向上を期待することができます。

電子カルテとは、医師などが手書きで記入したカルテをデジタルに置き換えたものです。データ管理がしやすくなるので、病院の効率化にも繋がります。