忙しい最中の引越し…スムーズに終わらせる方法は?

一人でも結構な荷物がある

引越しってそう簡単にできるものじゃありませんよね。新居をやっと探して契約してからがいよいよ引越の作業になります。家族で引越すのか、一人暮らしの引越しなのかなどによっても、引越しに費やす時間が変わるでしょうが、一人分の引越しだって結構な荷物になりますよね。そう考えると引越しって本当に大掛かりなものだと思います。引越しを如何に早く楽にできるのかは、片付けのコツを知っているかどうかで決まりますよ。

時間を掛けてもいいから整理する

部屋にほとんど物がないと言うのであれば、これほど楽な引越しはありません。運ぶものをなるべく少なくすることによって、引越しを楽にすることができるんです。食器棚とか洋服タンスとかを小さくすることは不可能ですが、荷造りを上手にやると運び出す箱の数を減らせます。運ぶ箱の数を少なくすると、往復する回数も減りますから、引越しが完了する時間も早くなります。引越しに使うダンボールに何でも放り込んでしまう人もいますが、荷造りは時間をかけて整理しながら行うべきですよ。

荷造りで仕分けされていると楽ちん

引越し先に荷物を運んだら終わりという訳ではありません。この時点での引越しの作業進捗は6割から7割くらいだと言えるでしょう。荷造りしたダンボールがしっかり分類されていれば、運ぶ先の部屋まで持っていくのにも悩みません。キッチン用品とキッズ用品をまとめて荷造りするなんていうのはナンセンスですよ。どこで使う物なのかをまとめて、ダンボールに仕分けていくような荷造りがおすすめです。入れたものをダンボールに表記しておくと、引越し後の片付けも早く終わります。

不用品の回収となると粗大ごみとして有料で回収というイメージがありますが、電気を通すと動くものなど、無償で回収してくれる業者も中にはあります。